イモムシの大移動
2015年10月09日 (金) | 編集 |
 連日連夜、原稿書きに没頭していました。そして、ようやく一段落をつけることができました。「百万人の福音」に1年間連載した「みことば一句」の最終回の原稿、そして同じ福音誌に来年の1月号から連載が始まる「どうせなら楽しく」の2か月分の原稿、そして「マナ」という聖書通読のガイドブックの来年の2月号に掲載される創世記の前半からのメッセージ14回分…それらをすべて書き終えることができました。今日は、その解放感に浸っています。この喜びを味わうために苦しんで原稿書きをしているようなものかもしれません。その安ど感も束の間で、すぐに創世記の後半11回分のメッセージを書き終える締切り日が追いかけてきます。
 久しぶりに脳みそをフル回転で作動させたためでしょうか、さび付いていた機械が元気を取り戻し、目覚めたように、新たなアイディアやメッセージのヒントが次々と浮かんできます。起きている時ならいいのですが、眠りにつこうとしている時だったり、真夜中にふと目覚めた時だったりすると面倒です。思いついたアイディアが、消えてゆかないようにするためには、メモをしておく必要があります。夜中や明け方の暗いうちに、起き出して書斎に飛び込み、メモをすることを繰り返しています。
 息を詰めるように原稿書きを続けていたため、気分転換に家内と散歩に出たり、今日は砺波の夢の平スキー場でのコスモスウオッチングに出かけました。

 夕方に散歩に出ると、日没時の夕焼けにいつも見とれてしまいます。毎回、違う色調、デザイン、光の具合で、同じ景色はありません。
 これは数日前の夕焼け風景です。西のそらに帯のように連なる雲の上と下に、太陽の光が分かれて、不思議な景色を演出していました。


 昨日は、エレガガーデン(富山県花総合センター)とチューリップ公園を歩きました。
 コムラサキシキブの紫の色が、さらに濃くなりました。


 ウメモドキの赤い実…鳥が大好きだと説明されていましたが、鳥の姿は見えません。


 鳥が現れてくれないので、アキアカネを撮って我慢です。


 メガネヤナギ。葉がメガネのような形です。和名は勾玉柳(マガタマヤナギ)


 チューリップ公園にはカイツブリのヒナが一羽しょんぼりと(?)泳いでいました。家族は?この日は望遠レンズを持っていなかったために、きれいな写真が撮れていません。ごめんなさい!


 もぐった!


 小魚をつかまえました。もう一人前で、ひとり立ちしているようです。安心しました。


 今日のコスモス鑑賞のレポートを。夢の平スキー場まではわが家から25分ほどです。ローソンで昼食のためのおにぎりを買って、向かいました。
 到着です。休日は大変な人出のようですが、平日ですから、混んでいません。それに平日は駐車場が無料です。だから、きょう来たのです!


 コスモス


 我が家の今の一大関心は、庭のスダチの葉で成長しているナミアゲハの幼虫3匹です。と言うより、家内の一大関心です!一日に何度も外に出て、彼らの状況を観察し、やきもきしているようです。私には、育てているスダチの葉っぱが全滅させられるので、やっかいな招かれざる客なのです。しかし、家内がご執心のイモムシたちに暴力を振るうことは許されません。そんなことをしたら、どんな逆襲に遭うか…?
 ところが、今日の昼過ぎ、コスモスを見に出かけようとしたとき、1匹のイモムシがスダチの木から下りてくる場面に遭遇しました。それを見た家内が、興奮気味に叫びました。
「シュウレイヨウチュウがいよいよさなぎになるための場所さがしに出かけるんだわ!」
 私には何のことやら分かりません。
 奥様からご講義を受けて、ナミアゲハの一生について学びました。
①卵→②一齢幼虫→③二齢幼虫→④三齢幼虫→⑤四齢幼虫→⑥終齢幼虫→⑦そして、その時が来ると、食べていた柑橘系の木から離れて、さなぎになるための安全な場所を探して大移動をする→⑧さなぎ→⑨蝶!
 その⑦の現場に遭遇したというのです。その安全な場所を、どうやって決定するのでしょうか。見ていると、すごいスピードで、一目散にナスやトマトの植えられている方向を目指しているようです。でも、それらはもうすぐ抜いて、処分する予定です。そんなところでさなぎになったら、蝶にはなれません。それよりは、近くのリンゴの樹の方がと、ほうきとちりとりを使って、やさしくリンゴの樹の下に移動させました。


 でも、彼(彼女?)の決意は固いようで、やっぱり野菜畑の方に向いて全速力で移動して行きました。その姿を追いながら、不思議な昆虫の生態に大いに心が奪われました。鳥になかなか会えないこの時期、蝶の一生について学ぶ良い機会なのでしょう。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック