解放感とプレッシャーのはざまで
2015年11月12日 (木) | 編集 |
 解放感に包まれています。
 その理由の第1は、依頼されていた「マナ」という月刊誌への原稿を書き終えることができたことです。旧約聖書 創世記の前半を先月、そして後半を昨日、書き終えることができました。先月は14回分、今月は11回分のショート・メッセージを書く仕事でした。難しい仕事だっただけに、書き終えた解放感はとても大きいものでした。
 2つ目の解放感は、今朝与えられました。ずっと通っていた歯医者さんで、治療が一段落ついたのです。最後の虫歯の治療が終わり、かぶせ物がはめられて、「ご苦労様!これで終わりました。これからは3か月ごとのメンテナンスにおいでください!」とのこと。歯医者さんから出る時には、思わず鼻歌が出るほどの解放感でした。スキップもしたかったのですが、つまずくといけないので抑えましたが…。
 昨日の午後、原稿を書き終えた解放感で、「さあ、散歩に出よう!」と家内を誘いました。いつもより遠くまで、約1時間半の散歩になりました。解放感は、その足どりを軽くしたようです。しかし、お目当ての鳥たちが出てくれません。スズメたちだけが、元気な姿を見せてくれました。
今日のスズメたち①

今日のスズメたち②

 散歩の終わり近くになって、上空高く2羽のチョウゲンボウが現れて、その美しい飛び姿を見せてくれました。
今日のチョウゲンボウ①

今日のチョウゲンボウ②

今日のチョウゲンボウ③

今日のチョウゲンボウ④

 この日の立山連峰は、ふもとに雲の海が敷き詰められて、いつもとは違う表情を見せていました。剣岳が海に浮かぶ島のように見えています。
今日の剣岳 海に浮かぶ島のように

 いつものように、この日も飛行機雲が幾筋も現れて、夕焼け空にアクセントをつけています。
今日の飛行機雲①

今日の飛行機雲②

 先週の金曜日の報告をさせていただきましょう。家内の歯医者さんの治療が終わり、その足で隣町の小矢部市、宮島峡を久しぶりに訪ねました。行く途中で、「今日のお目当てはヤマセミ!まだ会ったことがないので、何とか会いたいねえ!」と語り合っていました。
 美しい紅葉があちこちに!
宮島峡の秋2015

 宮島峡の第1の滝です。
今日の宮島峡①

 この傍に椅子を置いて、1時間ほど鳥の出現を待ちました。現れてくれたのは、このキセキレイ一羽だけでした。他は、滝や紅葉を見に来る人間ばかり。
今日のキセキレイ

 上流の方へと散歩をしていた家内が帰って来ると、「何だか見たことのない鳥がいたよ!」との報告です。行かないわけにはいきません。
 2の滝のそばで待ちました。カワセミが、美しいコバルトブルーの羽根を輝かせながら2度、目の前を過ぎて行きましたが、それは今日のお目当てではありません。
 その時、白い羽根の鳥が目の前に飛び出してきました。ヤマセミだ!あわててカメラを向けましたが、シャッターを押すより速く、飛び去ってしまいました。今日のお目当てに会うことができました。写真に収めるのは次回のお楽しみです。ここに居ることが分かっただけで、今日は大収穫です。
 11月も半ばになって、そろそろ白鳥の季節です。あの美しい白鳥に会いたい!あのだみ声の大合唱を聞きたい!落ち着かない気持ちですが、今日の午後は、家庭菜園の夏の野菜たちを抜いて、次の植え付けの準備をする予定です。そろそろタマネギの植え付けをしなくてはいけません。それに、次の日曜日の礼拝説教の準備にかからないといけません。
 解放感に浸っているわけにはいかない、プレッシャーがそろそろ締め付けてきているようです。そう、このプレッシャーが、年寄りのボケ防止には必要なのです!プレッシャーバンザイ!(少々、負け惜しみ気味…)


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック