今年の干支(えと)はベニマシコ?
2016年01月14日 (木) | 編集 |
 朝起きて外を見ると雪に包まれていました。北陸には雪が似合います。暖かくて、青空続きは快適ではありますが、心配にもなります。ぐっと冷え込んでいます。野鳥に会うには、これが好条件になります。山の上が雪に覆われ、エサを見つけにくくなって、下界に下りてくるからです。
 鳥に会いに行こう!家内を誘って、昼過ぎに家を出ました。まずは緑地公園です。今日こそエナガに会えるかも!エナガに会えなくて禁断症状が出そうです。どうやら私の好きな野鳥のトップ3にエナガが入っているようです。他の2つは?と問われると、返事に困るのですが…。カワセミと白鳥でしょうか…。
 しかし、またしてもエナガには会うことができませんでした。
その代りに登場してくれたのがベニマシコ(紅猿子)でした。今年はさる年ですから、それに合わせて登場してくれたのでしょうか。赤い顔のお猿さんそっくりの不思議な鳥です。


うしろ姿です。美しい赤い体が印象的です。


何か御用?とでも言っているような表情でカメラを見ています。


すぐそばの木に、何かが群れています。余りの数に、少々あわててカメラ操作に手間取っている間に、パッと飛び去ってしまいました。どうやらマヒワの群れだったようです。


エナガに会えなかったのは残念ですが、お正月にふさわしい(?)ベニマシコに会えたので良しとしましょう。次は田尻池の白鳥です。緑地公園から20分ほどの距離です。

白鳥は2羽だけが残って、あとはみんなエサ場に移動中です。白鳥の羽ばたきは、ダイナミック、かつ優美です。


そのうちに、3羽、4羽と家族ごとに連れ立って帰って来ました。着水の場面を撮ろうと構えていたのですが、ちょっとカモに目を向けている間に、気がつくと着水の後という繰り返しでした。帰って来たファミリーが、まずすることは、みんなが無事に一日を過ごし、ねぐらの池に帰って来たことを喜び合う歌を歌うことです。それは、神様を賛美するファミリー聖歌隊のように見えます。


カワウが上空を3羽、飛んで行きました。


午後4時のエサやりの時間になると、いつもの大混乱が展開されます。




冷たい雨に濡れながらの鳥見になりました。手がかじかんで、感覚がないほどです。まだまだこれから大挙して帰って来る時刻ですが、これ以上ねばっていると風邪をひいてしまいそうです。今週末は、静岡県浜松市での奉仕が控えています。日曜の朝は、浜松福音自由教会での礼拝メッセージ、午後は福音自由教会の中部地区の新年聖会での奉仕です。土曜日に向かいます。健康管理も、大切な責任です。
  

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック