ヒヨドリの来る庭
2016年03月04日 (金) | 編集 |
 今年も3.11が近づいてきました。悪夢のような出来事から5年が経つことになります。あの瞬間、私たち夫婦は教会員の結婚式出席のために上京し、羽田空港にいました。数分後に電車に乗ろうとホームにいたその時、大きな揺れに襲われ、立っていることができずにしゃがみこんでしまいました。あちこちから悲鳴が聞こえます。その日は空港から出ることができず、借りた毛布にくるまって空港の通路に寝ました。洩れ伝わるニュースから、大変な事態が起こっていることを知らされました。
 その3月末が、私の内灘聖書教会を退職する時でした。被災地への救援物資を集め、教会員のトラックに積み込んで送り出す仕事が、その教会での最後の仕事の一つになりました。あわただしい中で、今度は私たちの荷物を運び出して、富山県へと移り住みました。
 穏やかな日々が、一瞬のうちに奪われ、崩される悲しみを覚えさせられる季節です。

 今朝起きると、外は快晴です。「朝食前に、鳥を見に行って来る!」とひとりで飛び出しました。近くの緑地公園です。エナガに会えるかもと期待をもって…でも、空振りでした。
・モズがはるか遠くに見えます。ボケボケの写真ですが…。


・シロハラがちょこっと現れてくれました。


 他には、鳥の鳴き声もなく、少しばかりのフキノトウを採って、しょんぼりと帰って来ました。
 今日の主役は、近くにいました!わが家の庭にやって来たヒヨドリです。
なかなかのハンサム(?)でしょう!野性的な表情を見せてくれています。


アップの写真もどうぞ!



この町、砺波(となみ)の市の鳥に指定されているのがヒヨドリですので、歓迎してあげなければ!

 明後日の日曜日は、①午前10時~ 聖餐式 ②10時半~礼拝 ③昼食 ④新年度に向けての話し合い…まだ総会は開けないので、みんなで自由な語り合いです ⑤イースターに向けての賛美練習 ⑥夕方…町内会の同じ班のメンバーとの夕食会(新年会)です。忙しい日曜日になりそうです。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック