「となみチューリップフェア」直前の砺波散歩
2017年04月13日 (木) | 編集 |
 今日は春を堪能する散歩に、ご一緒しませんか?砺波はチューリップの栽培で全国的に有名です。来週の金曜日(4/21)から「となみチューリップフェア」が開幕します。5月5日までの半月間です。そのための準備に忙しい公園を歩きましょう。今年は砺波でチューリップ栽培が始まって100周年記念だそうです。
 まずエレガガーデン(富山県花総合センター)です。ここもその会場の一つですが、ここは会期中も入場無料です。
 雪やなぎがきれいです。

 しだれ桜も満開です。


 公園内のあちこちに白いあずまやがあります。


 カワラヒワが葉っぱをくわえています。


 モズがすぐ近くの梅の木に止まってくれました。くちばしが泥だらけです。正面から見た顔が愛嬌があります。




 チューリップ公園へ移動しましょう。公園内は準備中で閉鎖されていましたが、その周りを歩くことができました。五連水車と花々がすてきです。


 チューリップフェアに向けて様々なチューリップが華やかに備えています。


 ここでも現れてくれたのはモズでした。


 我が家の近くの水が張られた田んぼにユリカモメが一羽、オタマジャクシを狙って泳いでいました。


 ユリカモメと目が合いました。


 いつものヒバリの観察場所で、地上に降り立ったヒバリを撮ることができました。


 今日の砺波散歩はいかがでしたか?1時間ほどのわずかな時間の散歩でした。歩き足りないと家内は物足りないようですが、私にはちょうどでした。
 次の日曜日はイースター(復活祭)です。「となみ野聖書教会」でもイースター礼拝が行われます。プログラムの中に、男子会、女性会、子どもたちがそれぞれ賛美を発表します。礼拝の後では、皆さんが持ち寄った豪華なお食事でお祝いをします。その招待の手紙をいろいろな方々に送りました。たくさんの方々とこのすばらしい日をお祝いしたいです。
 イースターの喜びが、皆さんにもあふれますように!


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック