やるせない日々の楽しみは
2017年06月08日 (木) | 編集 |
 6月に入ってもう1週間以上経ちました。北陸も梅雨入りのニュースが近そうです。今日も雨が降り続いています。庭の野菜たちも恵みの雨を受けて活き活きとしています。
 にもかかわらず、この晴れない心はどうしたことでしょうか?14歳の中学生の藤井4段の23連勝や卓球世界選手権での日本の快進撃など華々しいニュースの中で、わが巨人軍の12連敗というワースト記録更新は日本中の巨人ファンの心を梅雨空にしています。全国からのため息が聞こえてくるような毎日です。楽しむはずの野球のテレビ観戦が、イライラとため息ばかりを引き出しています。どこで歯車がかみ合わなくなってしまったのか、リードしていても勝てる気がしません。そして予想通りにひっくり返されてしまいます。巨人ベンチの暗いこと!みんな必死なのでしょうが、すべてが空回りです。ああ、なぜ巨人ファンになってしまったのだろう、他のチームのファンだったらもっと愉しい日々を送れるのに…とチラッと思いますが、幼い日に刷り込まれてしまった巨人愛は消そうとしても消えません。こうなればどこまで落ちるか、最悪記録の更新を見届け、そこからのメイク・ミラクルを期待しましょう。「罪の増し加わるところには、恵みも満ちあふれました。」(ローマ5:20)が何故か思い出されました。
 気分を変えるために、雨が止んだ庭を見て歩きましょう。
 初めて植えたイチゴの実が色づいてきました。


 ブロッコリーも見る見るうちにふくらんできました。明日ぐらいに収穫でしょう。


 グミの実が赤くなってきました。野鳥たちが食べないかと植えたのですが食べてくれません。


 キュウリの花


 ジャガイモの花


 トマトの花


 念願だった山椒が根付き、葉が茂っています。毎日の食卓にすばらしい香りで楽しませてくれています。


 今年は庭の一画にパセリが群生しています。昨年のパセリが花を咲かせ、種をばらまいた結果でしょう。期待した大葉は少ししか出てくれませんが…。


 プランターにはスイート・バジル、西洋パセリ、シュンギク、イチゴ、サンショウが。右の何も生えていないプランターには大葉の種を蒔きました。


 アゲハチョウの幼虫がスダチの葉を食べて日増しに大きくなっています。


 アマガエルもわが家の可愛い住民です。


 朝、庭から収穫してきた野菜たちがテーブルを彩ってくれます。


 今朝の朝食はナンと野菜サラダ。贅沢な食事です!しばらく前から減量作戦に入っていますが、巨人連敗のもやもやからダイエットを忘れてしまいそうです。


 リビングから見上げると電線にハクセキレイが止まって美しい賛美を聞かせてくれています。


 背後の空に飛行機雲ができました。


 それが見る見るうちに姿を変えて大きな天使の羽根のような雲の帯になりました。


 数日前に緑地公園で出会ったヤマガラの写真です。


 BSの「にっぽん縦断 こころ旅」では今週、火野正平さんが富山県の各地を自転車で訪れています。一昨日は小矢部市の宮島峡の一の滝でした。私たちの鳥見の場所です。カワガラスやキセキレイ、カワセミに会える素敵な場所です。そこでヤマセミとすれ違いながら写真に撮れませんでした。放送を見ていて、急に行きたくなってきました。天気になれば明日にでも…。





関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック