深まる秋の詩を探して
2017年10月05日 (木) | 編集 |
10月になりました。お元気ですか?
本当に気持ちの良い季節です。庭に出ても、蚊の襲撃がないのが嬉しい限りです。
気持ちの良い風が吹いて、暑がりの家内もご機嫌です。
そんな秋の空気の中を散歩しました。近づいて来た北海道の旅に備えて、少し足を鍛える必要もあります。北海道からは雪の便りも聞かれます。車も冬タイヤに交換して出発することにしていますが、身体も北海道対応にしておく必要があります。
今年になって詩人:杉山平一の詩のファンになりました。その飾らない詩にハッとさせられることが多くあります。彼は詩についてこんなことを書いています。
「町を歩き、何げない情景に詩を見つける。…何げないことこそ詩になる。世界はことばによって発見され続け、世界すべてに詩があります。」
 今日もそんな詩に出会いたくて、いつもの散歩道を歩きました。特に今日は、余りに秋風が気持ち良くて、その風に押されていつもより足が軽く感じられて少し遠くまで歩きました。帰ってから玄関の板の間にしばらく横になって息を整える必要がありましたが…。
 今日も何げない情景にたまらなくなつかしさと楽しみを与えられました。
歩き出すと、早速ハクセキレイが登場して道案内をしてくれました。


風に揺れるコスモスもその淡い色で涼しさを演出してくれます。


アオサギも楽しい散歩になくてはならない出演者です。


そこに現れた別のハクセキレイが、遠くから首を伸ばして私たちを見つめています。


さらに近づいても、逃げようともせずにまだ見つめています。頭部に残る黄色はまだヒナの印でしょうか。好奇心いっぱいです。


しばらく見つめ合っていましたが、私たちに飽きたのか飛び立ちました。


すると、目の前にキジのオスが登場!そのカラフルな色調に圧倒されます。


必死で逃げてゆきます。日本の国鳥なのに、捕獲が禁じられていないために、人間を見るとそそくさと逃げ出します。捕獲が禁じられたら、もっと親しくお付き合いができるのに…。「まだそこにいるの!」「邪魔だよ!」…怒った顔でにらみつけられました!


その怒った顔の表情をさらにアップで!


飛んでゆきました。


サフラン


柿が秋空を背景に映えます。


お腹の大きいカマキリ


ヤマユリ(黄色い筋のない品種です)


「黄色い秋、黄色い秋、黄色い秋、見~つけた!」「小さい秋」の替え歌が自然に飛び出しました。あまり詩的ではありませんね!
 深まる秋の色を探す散歩にお付き合いくださってありがとうございました!



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック